【情報収集よりも情報遮断】情報遮断で頭がスッキリ、目覚めスッキリ!

役立つ情報

こんにちは!トライです!

情報が多すぎて逆にどうしていいか分からない…
SNSやテレビを観ていると段々イライラしたり、頭の中がゴチャゴチャになる…

確かに、世の中には情報が多すぎて混乱してしまいますよね。

この記事では、そんな悩みを解決します!

 

結論から言うと、思い切って情報を遮断する事で解決することがでいます。

今まで得た情報から潜在意識を悪い方向に塗り替えてしまうので、無意識下で余計な事を考えてしまうのです。

 

ここからは、情報遮断をした方がいい理由やメリットなどを解説していきます。

情報遮断をした方がいい理由

結論から言うと、情報遮断をした方がいい理由は、世に溢れている情報は潜在意識を悪い方向に塗り替えてしまうので、無意識下で余計な事を考えてしまうからです。

まずは、これについて詳しく解説をしていきます。

潜在意識と雑念がわく理由

潜在意識の重要性!変わりたいのに変われない人の、たった一つの解決策!
こんにちは!トライです! この記事では、そんな悩みを解決します! 結論から言うと、潜在意識を書き...

顕在意識
普段、考えながら行動しているときに使っている意識です。

潜在意識
衝動買いや本能的な欲求、クセなど無意識に行動を取るときに使っている意識です。

潜在意識の強さは、表層意識の100倍、1000倍、それ以上とも言われています。

あなたのなんとなくしている行動や考えていることは、全て潜在意識によって決定付けられています

更に、潜在意識は、顕在意識と違って一度入れた情報は消えずに記録されるという性質があります。

よって、余分な情報を入れすぎると、頭がゴチャゴチャになったり、イライラしていしまうのです。

ゲーム・ネット・アニメ等の弊害

person using computer playing FPS game

ゲームやネットの情報も全て潜在意識に記録されます。

よって、ゲームやネットは大きな弊害をもたらす原因になります。

 

例えば、キレやすい。引きこもり。共感性の薄い人たち…。

これらは、映像メディアの中毒になることによって、そのような人々が大量に生み出されてしまったのです。

そして、ゲームのような映像メディアは、どんどんリアリティを増して中毒性を高まっていることで、更に多くの中毒者を生み出しています。

その中で、簡単に暴力や殺人を行うデータが蓄積されてしまうので、心が殺伐としてしまうのです。

テレビゲームが与える弊害

    • 思いやりのない性格が形成される
    • 暴力に対して無感覚になる
    • 続けることで依存症に陥っていく
    • 未発達の脳に強烈な刺激を植え付けるため、生涯にわたって影響を受けていく

ネット社会が加速している現代では、多くの若者がテレビ、ゲーム、ネットに没頭しています。

よって、このような悪影響を与える情報は遮断していくべきです

情報遮断のメリット

潜在意識に記録されている大量の情報が障害となって、僕たちは本来持っている潜在意識の偉大な力を使えない状態になっています。

よって、情報を遮断するだけで、次のような恩恵を得ることができます!

情報遮断をする7つのメリット

睡眠時間が短くなる

目覚めがよくなる

夢見が良くなる、夢がカラーになる

集中力が高まる

意識が鮮明になる

心が内側に向かう

心が安定する

まず、睡眠中は、顕在意識のスイッチを切って眠りに落ちるため、眠っている間は潜在意識だけになります

そして、睡眠中はその日の記憶を整理して、今までの経験と照らし合わすことで、脳を休ませています。

よって、情報遮断をして潜在意識にほとんどデータがない状態にすれば、「①睡眠時間が短くなる」、「②目覚めがよくなる」、「③夢見が良くなる、夢がカラーになる」といった恩恵を得ることができます。

 

また、情報遮断をすることで、余計な情報が頭に浮かびにくくなります。

このように、余計な情報が頭の中にないので、「④集中力が高まる」、「⑤意識が鮮明になる」、「⑥心が内側に向かう」、「⑦心が安定する」といった恩恵が得られます。

情報遮断の実戦方法

写真, 人写真, 女性, 実業家, モデル, ボード, シールド, 図, 通りの写真撮影, 禁止, 右

情報遮断をすべき理由やするメリットは理解できたかと思います。

ここからは、具体的にどのようにして情報を遮断すべきかを述べていきます。

 

ずはり、その方法は情報を見ないことです。笑

まずは、一ヶ月、見る情報や聞く情報を最低限にしてみましょう。

実戦:一ヶ月間、テレビ、ネットなどを見ない

テレビやネットを極力見ないようにしましょう。

これだけで意識が内側に向かい、心が安定します。

天気予報、大学のレポートを書くための情報、就活や仕事に必要な情報などは仕方ないとして、見る情報を「これだけ」と決めて、必要最低限にします

一ヶ月間、自分を見つめる期間を作るというのも、慌ただしい現代において、貴重な経験となるでしょう。

実戦:どうしても無理な場合、一ヶ月間、見るものを減らす

一ヶ月間、テレビの時間を半分にするとか、ネットサーフィンだけはやめるなど、見る情報を減らすだけでも、実戦しただけの効果は得られます

僕も日々ブログを書いている以上、情報からは逃れられませんが、好きだったYouTubeや漫画などをやめてから集中力が上がりました。

まとめ:人は情報によって動く生き物

いかがでしたでしょうか。

ストレスが溜まっているときや、気分が落ち込んでいるときは、つい色々な情報を見てしまうと思いますが、それは逆効果ということが分かりましたね。

人は情報によって動く生き物なので、自分にとって必要のない情報は思い切って遮断し、本当に必要だと思う情報だけを得るようにしてみて下さい。

そうすることで、あなたはより良い方向へ変わることができるはずです。

 

ぜひ、実戦して幸せな人生を過ごしていきましょう!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました